日本窓口よりメムソースお役立ち情報ブログ

プレスリリース:Memsource社はPhrase社を買収しました

これにより翻訳業界のリーディング・ローカライゼーション・プラットフォームが構築され、さらにMemsourceは製品のポートフォリオ、地理的境界、そして顧客層を拡大することが可能になります。

プラハ、チェコ共和国; ハンブルク、ドイツ; ロンドン、イギリス- 2021年1月18日– AIを活用した優れた翻訳管理システムを販売するMemsource社と、その大株主であるカーライルグループ(NASDAQ:CG)は、本日、優れたソフトウェア・ローカライゼーション・プラットフォームを提供するPhrase社を買収したことを発表しました。

チェコ共和国のプラハに本社を置くMemsourceは、グローバル企業と翻訳会社のために、大量の多言語コンテンツのローカライゼーションの自動化を推進する翻訳テクノロジーを提供しています。同社の翻訳テクノロジーは、AIを活用し、ローカライゼーションをより簡単に、より速く、より費用対効果の高いものにします。Memsourceの翻訳ソフトウェアは、Uber、Zendesk、Supercell、Vistaprintなど、各業界のリーディングカンパニーに採用されています。

一方、ドイツのハンブルクに本社を置くPhrase社のプラットフォームは、ソフトウェア、Webサイト、およびモバイルアプリケーションのために、クラウドベースのローカライゼーション環境を提供します。Phraseによって、あらゆる規模のビジネスは、スマートな自動化が可能になります。翻訳プロセスを調整でき、ローカライゼーションのプロセスから不要な手順を取り除けます。他社にないユニークな価値を提供するPhraseは、ルフトハンザシステムからピザハット・デジタルベンチャーズまで、様々な業界において、幅広い顧客層を構築してきました。

このたび、MemsourceとPhraseが統合したことで、業界をリードする翻訳管理システムの会社が誕生しました。この取引により、Memsourceは製品ポートフォリオと顧客ベースを大幅に拡大でき、さらに、これまでプレゼンスが薄かったドイツにも事業を拡張できるようになります。 統合されたグループは、ローカライゼーション業界の変革を目指し、コスト削減、翻訳品質の向上、ローカライゼーション・プロセス全体の自動化をもたらす効率的なソリューションをグローバルに提供します。

なお、Phrase社の3名の創設者は、Memsourceグループの株主となります。Memsource社のCEOであるDavidCanekは、直ちに、グループのCEOとなります。

Memsource社の創設者 兼 CEOであるDavidCanekは、次のように述べています。「カーライルが2020年7月にMemsourceに投資して以来、私たちは魅力的な買収の機会を模索しながら、ビジネスを根本的に成長させるために注力してきました。そして本日、私たちは、非常に才能あるチームによってスタートし、優れたソフトウェア・ローカライゼーション・プラットフォームを開発するPhrase社の買収を発表できる運びとなりました。MemsourceとPhraseは、企業用TMSとソフトウェア・ローカライゼーションという、それぞれの分野を牽引してきましたが、今後は、エンタープライズ・ローカライゼーションのあらゆるユースケースに対応できる次世代型翻訳自動化ツールを開発していきます。」

Phrase社の創設者であるWolfram Grätzは、次のように述べています。「ソフトウェア・ローカライゼーションのパイオニアとしての地位を確立した弊社にとって、Memsourceとカーライルとの提携は、次のステップに進むために必要なことです。弊社は自動車から金融セクターまで様々な業界において顧客ベースを構築してきましたが、多くのお客様から、ローカライゼーションのユースケースをさらにサポートするための弊社のプランについて、お問い合わせを頂いてきました。私たちは継続的にこういったニーズに対応してきました。今回の統合により、高レベルの管理チームとソフトウェアに関する深い専門知識の連携が可能になりました。今後、私たちはエンタープライズ翻訳管理システムの未来を切り開いていくためのビジョン、才能、規模が備わった企業を作っていきます。

カーライル・ヨーロッパ・テクノロジーパートナーズ(CETP) のアドバイザリーチームのマネージングディレクターであるFernando Chuecaは、次のように述べています。「CETP IVはMemsourceに投資し、新しい地域や革新的なテクノロジーへの拡大に焦点を当てるなど、会社の次の段階への成長を促進しました。カーライルの投資以来初めての統合となるPhrase社との取引は、この戦略を実践したものです。ドイツ市場への魅力的な足がかりとなる上、高度に補完的な製品群と、確立された顧客層も活用できます。拡大したグループは翻訳管理システムのリーダーとして独自の地位を築き、国際市場において高性能なソフトウェアローカライゼーションを可能にします。


Memsource社について

Memsourceは、グローバル企業の翻訳業務を効率化します。2019年にCSA Researchによって最も有望な翻訳管理システムとしてランク付けされたMemsourceは、500以上の言語、50以上のファイルタイプ、および30以上の機械翻訳エンジンをサポートしています。Memsourceユーザーは、特許を取得した最先端のAIテクノロジーを利用し、コストを削減しながら翻訳品質を向上させることができます。現在、ヨーロッパ、米国、日本のオフィスに120人以上のスタッフおり、Uber、Zendesk、Supercell、Vistaprintなどのリーディングカンパニーを含む数千の顧客が世界中にいます。詳細については、www.memsource.comをご覧ください。

Phrase社について

Phraseは、多言語デジタル製品の開発を促進するクラウドベースのソフトウェア・ローカライゼーション・プラットフォームです。Phraseのスマート・オートメーションと様々な連携機能によって、あらゆる規模の組織は、翻訳プロセスの調整と一元化を実現できます。2012年にハンブルクの中心部に設立された同社は、小さなスタートアップ企業として始まり、世界中からメンバーが集結する機敏で意欲的なチームに成長しました。Phraseは急速に成長しており、現在、60か国以上の1,000を超える企業と提携しています。詳細については、phrase.comをご覧ください。

カーライルグループについて

カーライルグループ(NASDAQ:CG)は、業界に関する深い専門知識を備えたグローバル投資会社であり、次の3つの事業セグメントに民間資本を配備しています。グローバル・プライベート・エクイティ、グローバル・クレジット、および投資ソリューション。2020年9月30日現在の運用資産は2,300億ドルとなるカーライルの目的は、投資家、ポートフォリオ企業、および私たちが居住し、投資しているコミュニティに代わって賢明に投資を行い、価値を創造することです。カーライルは、6つの大陸に30のオフィスを持ち、1,800人以上を雇用しています。詳細については、 www.carlyle.comをご覧ください。カーライルのTwitterアカウントは @ OneCarlyle です。

お問い合わせ先:

Memsource

Filip Sanca

+420 604 695 225

filip.sanca@memsource.com

カーライルグループ

Andrew Kenny

+44 7816 176120

andrew.kenny@carlyle.com