ブログ

Memsourceの新機能、お客様の声、イベント情報などを掲載しています。

Memsourceは初めてですか?

マニュアルをダウンロード

機械翻訳(MT)の最新ガイド

MT eBookをダウンロード
トピックを検索

みらい翻訳〜メムソースと連携している機械翻訳〜

みらい翻訳〜メムソースと連携している機械翻訳

日本窓口に「みらい翻訳とメムソースは連携しているの?」というお問い合わせを良くいただきます。 みらい翻訳は、メムソースと連携しています。 「みらい翻訳って何?」 という方はまずこちらをお読みください。 みらい翻訳について: MiraiTranslatorTMは国立研究開発法人情報通 信研究機構(NICT)との共同研究に基づく独自のニューラル機械翻訳エンジンを搭載したクラウドベースの機械翻...

Adobe Experience Manager (AEM)でのコンテンツ翻訳

マーケティング担当者の使命は全ユーザーが共感し、会社のブランドイメージに沿ったコンテンツを世界中に送り届けること。 AEMは多言語コンテンツをサポートしていますが、ただ、これだけでは不十分。 AEMのコンテンツを効率的に翻訳する方法が必要です。 ではAEMのコンテンツを翻訳するために最も効率の良い方法は? 翻訳プロジェクトを進めるには色々なやり方がありますが、最も効率的な方法は翻訳管理シス...

特許翻訳を最大限に自動化:ProTranslator

特許翻訳はファミリー特許が公開されており、MTエンジンの訓練がしやすい等の理由により、高精度な機械翻訳エンジン(MT) の開発が進めやすい分野といえるでしょう。 しかしながら、出願明細書翻訳でMTを使うケースでは、特許特有の長文や請求項の表現など特許特有の課題があり、GNMTなどのジェネリックなエンジンをそのまま使うとポストエディットにしわ寄せがいくことがあります。 今回はこういった特許特有に...

ローカライゼーションの重要性をキーパーソンに納得させる方法

独立調査機関のCommon Sense Advisory (CSA) は2021年までに言語サービス市場は561.8億米ドルに達すると予測しています。 全世界のインターネットユーザーの中で英語話者が占める割合はわずか25%。 今後コンテンツをローカライズする需要がますます高まるのは明白です。 もしまだローカライゼーションを進めていないのなら、今すぐ始めましょう。 優れたローカライゼーシ...

ローカライゼーションがグローバルビジネスに不可欠な理由

グローバル化が進み、私達は地理的な制約を受けずにモノを買えるようになりました。 今や世界中の消費者は、母国語でさまざまな製品や情報にアクセスしたいと願っています。 商品、サービス、ソリューションを提供する企業は、この要望に応えていかねばなりません。 グローバルな市場で成功するためにはツールを取りそろえ、お客様に合わせた独創的なマーケティングを行っていく必要があるのです。 一体どうやったら良...

機械翻訳による特許翻訳の変化

特許翻訳はかつて専門性が高く安定しているとされた分野ですが、機械翻訳技術の進化により大きな変化が生じています。 今回は特許翻訳に焦点を当て、変化の背景と今後の可能性について探っていきます。 変動の時期に次の一手をどう打つかを考える際に、参考にして頂ける内容です。 翻訳支援ツールと特許翻訳 まずは翻訳支援ツールが広がった時期から見ていきましょう。 翻訳支援ツールが登場したのは今から40年近...

第29回JTF翻訳祭2019のご報告

JTF luncheon seminar

Memsourceは今年もJTF翻訳祭に出展しました。 今回は初のランチョンセミナーも開催致しましたが、こちらの様子も併せて、イベントのご報告をします。 第29回JTF翻訳祭出展のご報告 今回のJTF翻訳祭は、初のパシフィコ横浜での開催。 例年とは異なる会場でしたが、多くの来場者が訪れ大盛況のイベントとなりました。 弊社ブースへもたくさんの方にお立ち寄り頂き、スタッフ一同大変嬉しく思って...

ミートアップとワークショップのご報告

Memsource Localization events

Memsourceは今年も、ユーザーの皆様やMemsourceにご関心をお持ちの皆様のために、チェコ大使館にてミートアップイベントを開催しました。 さらにミートアップ前日には、操作方法をご紹介する公式ワークショップを実施。 両イベントのご報告をします。 ワークショップのご報告 ワークショップは10月31日に 東京・秋葉原で開催しました。 「Memsourceの導入を検討中なので、使い方を...