ご利用頂けます。Memsourceの翻訳メモリはtmx形式、用語ベースはtbx形式と、業界標準の形式です。また、エクセルでのインポート・エクスポートも可能です。

他のツールのデータもこの形式(tmx/tbx/エクセル)で保存することで、Memsourceにインポート可能となります。

 

【マニュアルサイト該当ページ】

メモリのインポート:/ja/japanese_basic_manual/existingtm_jp2/

用語集のインポート:/ja/japanese_basic_manual/existingtb_jp/

 

翻訳メモリについては、「タグ」の問題があります。

タグとは、書式情報等を変換したものです。

どういったタグがつくかは翻訳支援ツールによって扱いが異なります。

タブの違いは、解析結果(翻訳メモリとの一致率)にも影響します。

Leave a Reply