新着情報

Memsourceからの最新の製品ニュースとアップデート

  • Zendesk コネクタによるワークフローのサポート

    • Q2 2020

    • 年06月3日

    Zendesk の記事作成者は、記事にラベルを追加したり、既存の翻訳にフラグを付けて Memsource に再提出したりすることにより、翻訳ワークフローを開始できるようになりました。翻訳が完了した後、記事は翻訳が完了されたことを示す新しいラベルが付けられます。すべてのラベルは、コネクタ構成で定義することができます。

    続きを読む

  • Marketo Segmentationのサポート

    • Q2 2020

    • 年06月3日

    セグメント化された動的コンテンツを Marketo コネクタ経由で翻訳できるようになりました。セグメントが言語固有のものである場合、翻訳はソース文書にアップロードされ、セグメントに格納されます。セグメントと言語間のマッピングは、コネクタ内で設定可能です。

    続きを読む

  • Memsource MTQE トップアップ非推奨

    • Q2 2020

    • 年06月1日

    2020 年 6 月 30 日以降、ユーザーは汎用およびカスタマイズ可能なエンジン用の機械翻訳品質評価(MTQE)クレジット(文字数)を新たに購入することができなくなります。この機能は、標準文字価格の一部としてMemsource Translateのすべてのユーザーが新たに使用できるようになります。

    MTQEクレジットを既に購入しているユーザーは、その残高への影響はありません。残高を使用することはできますが、新しいクレジットを購入することはできません。

  • Memsource はインターネットエクスプローラー 11 のサポートを終了します。

    • Q2 2020

    • 年06月1日

    2020年7月1日以降、Memsource は Internet Explorer 11 のサポートを終了します。ユーザーはInternet Explorer 11 でMemsource にアクセスし作業することはできますが、これ以降、技術的なサポートを受けたり、このブラウザで新機能を利用することはできません。

    したがって、サポートされているブラウザ[こちら] (https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003843092-Memsource-System-Requirements) にアップグレードすることをお勧めします。

    この変更により、お客様に一時的にご迷惑をおかけする場合があります。残念ながら、Internet Explorer 11の開発が止まってしまったため、エンドユーザーのために最高のユーザー体験を構築し、維持することがますます難しくなっています。長期的な目で見て、すべてのユーザーが集中的に開発される最新のブラウザの恩恵を得られることを願っています。

  • 時給で見積もり

    • Q2 2020

    • 年05月19日

    価格表と見積もりを作成する際に、請求単位として時間を使用できるようになりました。請求単位として「時間」を使用する場合は、各言語ペアとワークフローステップごとに使用時間を手動で入力する必要があります。これは別々に、または一括で行うことができます。

    [続きを読む](https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003692492-Costs-Quotes)

  • ポストエディット後の分析における編集時間

    • Q2 2020

    • 年05月13日

    ポストエディット後の分析に編集時間が使えるようになりました。編集にかかった時間を秒単位で追跡し、マッチカテゴリーごとに表示することができます。MXLIFFとKibanaでは、さらにタイムトラッキングのオプションが利用できます。

    続きを読む

  • Memsourceモバイルエディタでの取り消しとやり直し

    • Q2 2020

    • 年04月28日

    取り消しとやり直しの操作機能が、Memsourceモバイルエディタに追加されました。取り消しとやり直しの機能は、ターゲットセグメントのテキスト内で使用できるようになったほか、セグメントレベルにも適用できるようになりました。これには、セグメントの確認、セグメントのロック、繰り返しの例外設定が含まれます。今後のアップデートでは、取り消しとやり直しの操作機能がMemsourceモバイルエディタの他の機能に拡張される予定です。

  • 作成および変更の日付に基づくセグメントのフィルタリング

    • Q1 2020

    • 年03月31日

    MemsourceウェブエディタおよびMemsourceデッスクトップエディタのユーザーは、カレンダー機能を使用して時間範囲を選択しながら、作成した日付やセグメントやコメントを変更した日付に基づきセグメントをフィルタリングできるようになりました。

  • 置換機能の改良

    • Q1 2020

    • 年03月31日

    Memsource Webエディタのフィルターと置換機能が改良され、ユーザーから見やすくなりました。現在、この機能には、新しいトグルボタンとショートカットを使用して、フィルター対象テキスト用の入力フィールドから直接アクセスできます。

  • プロジェクトテンプレートのパフォーマンスとUX最適化

    • Q1 2020

    • 年03月24日

    プロジェクトテンプレートページを開く時間が大幅に短縮され、使い勝手が良くなりました。プロジェクトテンプレートのドロップダウンフィールドのメタデータ(所有者、クライアント、ドメイン、サブドメイン、コストセンター、ビジネスユニット)によって、ユーザーは入力フィールドに入力し結果を絞り込むことができます。メタデータとプロバイダーのドロップダウンのデータは遅延して読み込まれます。つまり、ユーザーが下にスクロールしてリストの一番下に到達すると、より多くのデータが読み込まれます。

  • 共有ドライブ用のGoogleドライブ

    • Q1 2020

    • 年03月23日

    共有ドライブのGoogleドライブコネクタサポート(別名チーム向けGoogleドライブ)。共有ドライブファイルは、個人ではなくチームに属し、Memsourceコネクタを使用すると、ソースファイルをダウンロードしたり、ターゲットファイルをリポジトリに直接アップロードしたりできます。

    [もっと読む](https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/360012208139-Google-Drive-Connector)

  • Memsourceエディターでの参照の通知

    • Q1 2020

    • 年03月17日

    デスクトップおよびウェブベースのMemsourceエディタでは、プロジェクトに添付された参照ドキュメントやメモがエディタに直接通知されるようになりました。

  • Memsourceデッスクトップエディタでのログイン認証情報の管理

    • Q1 2020

    • 年03月17日

    Memsourceデスクトップエディタのユーザーは、ログインページで未使用または無効なログイン認証情報を削除できるようになりました。

  • プロジェクトステータスをリンギストのプロジェクトビューに追加

    • Q1 2020

    • 年03月10日

    プロジェクトステータスフィルターが、リンギストポータルのプロジェクトビューで利用できるようになりました。フィルターには、4つのステータス(すべて、承認済み作業、完了済み作業、および新しい作業)が事前に設定されています。ユーザーは追加のフィルターを作成することもできます。追加のフィルターを作成することもできます。

    [もっと読む](https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003944792-Linguist-Portal)

  • Memsource Translate にAmazon Translateを追加

    • Q1 2020

    • 年03月10日

    Memsource Translateは、当社の機械翻訳エンジンの品質ランキングに基づいて、コンテンツに最適な機械翻訳エンジンを自動的に選択します。Amazon Translateを追加したことで、品質ランキングには3つの機械翻訳エンジンが加わり、より高い品質のMT出力が保証されます。

    [もっと読む](https://www.memsource.com/features/machine-translation/)

  • Memsourceエディタで最初に特定された繰り返し箇所

    • Q1 2020

    • 年03月3日

    最初の繰り返し箇所は、それ以降の繰り返し箇所とは表示方法が変化します。これにより、Memsourceエディターのユーザーは、特定の文字列が繰り返し箇所の最初の例であるか、自動で伝播されたものであるかを簡単に識別できます。これは特に、過去に翻訳されたテキストを確認するときに役立ちます。

  • 結合ジョブとジョブをMemsourceモバイルエディタの読み取り専用モードで開く

    • Q1 2020

    • 年03月3日

    プロバイダーは複数のジョブを開いて、1つのジョブとしてMemsourceモバイルエディタで処理できるようになりました。このような結合ジョブは、ファイル名でそれぞれ識別されます。ジョブは読み取り専用モードでも開けるので、リンギストは仕事を承諾する前にジョブを確認できます。

    [もっと読む](https://www.memsource.com/blog/2020/03/04/memsource-mobile-latest-updates/)

  • Memsourceモバイルでの分析の作成

    • Q1 2020

    • 年02月18日

    プロジェクトマネージャは、Memsourceモバイルでこれまでに使用していた設定を使用しながら、Memsource Mobileでジョブの分析を作成できるようになりました。そのような分析を割り当てられたプロバイダーは、作業の範囲を正確かつ即座に認識できます。以前は、Memsourceモバイルで分析を表示できましたが、作成できませんでした。

    [もっと読む](https://www.memsource.com/blog/2020/03/04/memsource-mobile-latest-updates/)

  • リンギストのジョブビューへのプロジェクトオーナーとプロジェクト番号の追加

    • Q1 2020

    • 年02月11日

    プロジェクトオーナーとプロジェクト番号の列をリンギストポータルのジョブビューに追加できるようになりました。新しい列は並べ替えとフィルタリングの両方ができます。

    [もっと読む](https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003944792-Linguist-Portal)

  • リンギストのためのジョブビュー

    • Q1 2020

    • 年01月28日

    リンギストポータルでは、割り当てられた翻訳ジョブを表示するのに2つの方法(ジョブビューとプロジェクトビュー)を使用できるようになりました。新しく利用可能なジョブビューでは、バッチ操作ボタン、フィルタリング、並べ替えオプションを備えたテーブルに翻訳ジョブが表示されます。列とフィルターはカスタマイズして保存できます。

    [もっと読む](https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003944792-Linguist-Portal)

  • AEM 6.5とデジタルアセット

    • Q1 2020

    • 年01月28日

    MemsourceのAEMプラグインは最新のAdobe Experience Managerバージョンをサポートしています。この統合は、AEM本厄フレームワークとバージョン6.4で導入された新しいClouldサービスに基づいています。プラグインは、AEMページおよびアセットのローカリゼーションをサポートしています。

    [もっと読む](https://www.memsource.com/aem/)

  • 特定のユーザーロールへの信頼できるIPアドレスの割り当て

    • Q1 2020

    • 年01月14日

    UltimateおよびEnterpriseエディションの管理ユーザーは、どのユーザーロールが自分のアカウントにのみアクセスできるか、または特定のIPアドレスから翻訳ファイルをダウンロードできるかを決定できるようになりました。

    [もっと読む](https://help.memsource.com/hc/en-us/articles/115003460891-How-to-Be-Secure-with-Memsource)

以前の[製品の更新](https://help.memsource.com/hc/en-us/categories/360002405420)。