ソフトウェアとアプリのローカライゼーション

アジャイル開発のためのアジャイルローカライゼーションの実現

  • national-instruments
  • uber
  • zendesk
  • ovh
  • testronic
  • DiDi
  • Aspiegel

Gitコネクタやエンドツーエンドの自動化機能を搭載するMemsourceは、複雑なソフトウェア翻訳プロセスを解決し、継続的なローカライゼーションを実現するソリューションです。

  • プラットフォームを選ばないローカライズ <br>プラットフォーム

    プラットフォームを選ばないローカライズ
    プラットフォーム

  • エンドツーエンドで <br>自動化

    エンドツーエンドで
    自動化

  • Git、Bitbucket、GitLab、GitHubと連携

    Git、Bitbucket、GitLab、GitHubと連携

MEMSOURCE でできること

  • 500以上の言語に対応

    500以上の言語に対応

    ソフトウェアに組み込まれた文字列を500以上の言語にローカライズできます。翻訳対象言語の数は簡単に増やせるので、新規市場への進出が容易になります。

  • 50以上のファイル形式に対応

    50以上のファイル形式に対応

    JSON、XML、Markdown、YAML、PO、XLIFF、properties、resx、csv。Memsourceはソフトウェアをローカライズするためのファイル形式をこの他にも多数サポートしています。

  • あらゆる翻訳フローに対応

    あらゆる翻訳フローに対応

    社内の翻訳者、社外の翻訳会社、機械翻訳のいずれを利用する場合でも、Memsourceが提供するツールによってエンドツーエンドのプロセスを自動化することができます。

  • REST APIとコネクタ

    REST APIとコネクタ

    Git、GitLab、BitBucketなどのリポジトリと簡単に連携できるコネクタやMemsourceのREST APIを活用し、エンドツーエンドで翻訳を自動化しましょう。

  • 継続的ローカライゼーション

    継続的ローカライゼーション

    Memsourceには、継続的なローカライゼーションをサポートする多くの機能が備わっています。たとえば、Gitリポジトリのローカライゼーションファイルと同期し、新規または更新された文字列を自動的に抽出して、継続的にジョブを作成することもできます。

  • 翻訳者のためのコンテキスト情報

    翻訳者のためのコンテキスト情報

    翻訳者にコンテキスト(文脈)の情報を提供することで翻訳品質は向上します。Memsourceなら、スクリーンショット、ノート、キー、リンクなどのコンテキスト情報を翻訳時に自動的に表示させることができます。

カスタマー

OVH - logo
技術革新独自ツールからプロフェッショナルなプラットフォームに移行したことで、私たちは大きな変革を迎えました。Memsourceはとても革新的なサービスであると同時に、同社のテクノロジーやカスタマーサービスに対する情熱にも私たちは共感しています。
ケーススタディを読む
Michael Kapus - photo
Michael Kapus

ローカライゼーションマネージャ