Memsource Artificial Intelligence

Memsourceは翻訳コストを削減する独自のアプローチを開発しました。この機能により、翻訳者に作業を依頼する前に、原文の中で自動翻訳が可能な箇所を特定することができます。

  • 翻訳コストの削減

  • 最小限のポストエディティング

  • 品質MTの活用

  • イノベーションの適用

翻訳不可による節約

Memsourceの最初の人口知能イノベーションとして、特許人口知能搭載の翻訳不可機能は、番号、メールアドレス、およびコードといった従来の翻訳不可箇所のみでなく、人および製品名のような追加コンテンツも認識します。コンテンツにスコアが付与され、ポストエディティングが必要か予測します。人口知能搭載の翻訳不可マッチは、翻訳メモリと同等またはそれ以上の信頼性があります。

高品質な機械翻訳による節約

機械翻訳はコスト効率が高い、素早い翻訳にとって貴重なツールですが、翻訳出力の品質には差があります。当社の機械翻訳品質評価機能は、この問題を改善します。Memsourceがサポートする25種類以上の機械翻訳エンジンのいずれでも使用でき、機械翻訳出力にリアルタイムな品質スコアを提供します。これにより、翻訳者による翻訳が不要である箇所を特定し、翻訳コストを大幅に削減できます。

詳しく知る
Tennispoint - logo
ローカライゼーションサイクルのスピードアップ
“自動化機能のおかげで、e コマースサイトの製品説明の翻訳が簡単になり、ローカライゼーションのサイクルを 30% 短縮できました。”
ケーススタディを読む
Fabian Lauer - photo
Fabian Lauer

ソフトウェア開発者

当社の人口知能搭載機能に適した対象

  • テクニカルドキュメント
  • サポートポータル
  • 製品マニュアル
  • ビデオゲームのローカライズ
  • ソフトウェアのローカライズ
  • 製品説明
  • 法律・財政的コンテンツ
  • Eコマースに関するコンテンツ