ブログ

専門家によるレビューを最適化する方法

専門家によるレビュー

ローカライゼーションプロジェクトを成功させるには、コンテキストも考慮にいれたレビューが不可欠です。この作業を追加することで、あなたの翻訳コンテンツの品質を確保できます。コンテキストレビューを実施すれば、対象分野に関する特定の知識をもつ専門家(SME)の知見を取り入れられます。SMEは、ターゲット言語のネイティブスピーカーでもあります。

SMEによるレビューは、翻訳コンテンツ公開前の最終ステップと言えるでしょう。品質チェックをもう一段階加えるのは簡単に思えますが、ただ、最終レビューの成功を妨げる落とし穴があります。あなたが遭遇しうる最も一般的な落とし穴と、SMEレビューを確実に成功させるための対策を紹介します。

一般的な落とし穴と、落とし穴を避ける方法

#1 翻訳チームがコンテキストなしで作業するため、誤訳が発生し、所要時間も長くなる。

解決策:コンテキストを提供しましょう。コンテキストを提供する方法:

コンテキストノート。Memsourceは翻訳用の追加情報を入力するため、様々なファイル形式の原文でご利用頂けるコンテキストノートフィールドを提供しています。HTMLコードを使って画像をレンダリングすることもできます。

Memsourceコンテキストノート

文書内プレビュー。これによって、ユーザーは原文や翻訳後の文を見ることができ、リアルタイムで変更を確認できます。Memsourceは様々なファイル形式で文書内プレビューを提供しています。デスクトップエディタの場合、プレビューを別画面に切り離して表示させることもできます。

Memsource文書内プレビュー

#2 用語やスタイルが共有されておらず、一貫性がなかったり、不適切であったり、企業の評判を損ねるような翻訳になる。

解決策:ブランドの伝え方やスタイルを確実に守ってもらうためのリソースを提供する。

スタイルガイドの提供

スタイルガイドを作成し、維持し、作業の前に翻訳チームと共有しておきましょう。ガイドの内容を理解してもらえますし、合意も得ておけます。こちらのスタイルガイドの作り方のアドバイス_が役立ちます。_専門家(SME)の助けがあれば、採用されるスタイルとトーンを確実に正しいものにできるでしょう。

用語集を作成する。可能であれば、SMEに加わってもらい、最初から用語集を作成しましょう。ゲストアカウントによって、SMEはMemsource上で用語集のレビューや検証を行えます。

#3 スペルチェックと品質保証(QA)が実行されないため、翻訳の一貫性が失われ、品質の問題が発生する。

解決策:QAの手順を実施・拡張する。ほとんどの人は、翻訳ツール上で実行できる基本的なQAチェック(品質保証チェック)に精通しています。Memsourceでは、正規表現や使ってはならない禁止語を追加することで、QAチェック機能を拡張できます。

#4 当事者間のコミュニケーションが不足しているため、ローカライゼーションマネージャーの作業が増え、また、絶えず説明を求める声が上がる。

解決策:CATツール内でのコミュニケーションを活用する。翻訳者とSMEは、Memsourceエディタのコメント欄を使って直接質問を投稿したり、画面上で未解決のコメントをフィルタリングして対応を確認することもできます。SMEがメンバーに加われば、仕事の成果に大きく関わるような問題にも、確実に対処してもらえるでしょう。

#5 翻訳ツール上で行われた変更が翻訳メモリに反映されておらず、SMEによる作業が無意味になる。同じ過ちが何度も繰り返されると、関係者全員がストレスを感じます。

**解決策:翻訳メモリ(TM) への反映を確認する **。すべての変更をTMに反映させるために、SMEに翻訳環境の変更も検証してもらいましょう。

役立つヒント

Memsource上でSMEにどの役割を割り当てるかは、あなたがSMEにどんなタイプのアクセスを望むかによって、異なります。リンギスト権限はログインし、タスクをこなし、そしてログアウトするためのシンプルなものです。ゲストアカウントであれば、より多くの部分を見ることができ、翻訳メモリと用語ベースを直接編集することもできます。ですが、権利が増えると、責任と複雑さが増します。ゲストアカウントは、ローカライゼーションプロセスに実際に組み込まれるSMEチームにのみ提供することをおすすめします。

ローカライゼーションのワークフローの中に対象分野の専門家が加わることで、翻訳の品質と一貫性を保てます。ぜひ、ご紹介したヒントを活用してプロセスを最適化してください。きっとすぐ、その成果が得られるはずです。

とっさに翻訳のレビューを行う必要がある?大丈夫です。

方法はこちら
執筆:Andrea Tabacchi
執筆:Andrea Tabacchi

Memsourceのリードソリューションアーキテクト