日本窓口よりメムソースお役立ち情報ブログ

特許翻訳でMemsourceを使うメリット「時間短縮と効率化が可能に」

Korea Techno Agency (KTA) は業務効率化のためにMemsourceを導入されました。

導入後のメリットについて、統括責任者の李様に伺いました。

■翻訳を行う文書の種類と言語について教えてください。

知的財産分野を専門にし、主に各国の特許庁へ提出する出願用の特許明細書の翻訳を行っています。

言語は日本語をソース言語とし、ターゲット言語として英語・中国語・台湾語・ドイツ語・韓国語に訳すことに特化されています。

■翻訳者、チェッカーの方にはどんなメリットがありましたか。

時間短縮や品質アップにつながるような次の効果がありました。

1. 翻訳メモリを流用した時、どの程度メモリが使えるか一目で分かる。

2. 用語集を効率的に活用でき、用語の統一がしやすい。

3. 繰り返し箇所は自動的に翻訳されるので時間短縮になった。

4. 現在の進捗状況を正確に数字で把握できる。

5. 短縮キーが充実しているので操作がラク。

■プロジェクトマネージャーの皆様にはどんなメリットがありましたか。

やはりプロジェクトの進捗が管理しやすくなった事が一番です。

導入後、次のような改善が見られました。

1. クラウドサービスなので、どこでもプロジェクトを管理できて便利

2. 分節ごとに翻訳を進められるので、訳漏れ防止につながった。

3. 各翻訳者の進捗状況をリアルタイムで把握でき、納期遵守を徹底できる。

4. 翻訳メモリを活用することで、業務効率が向上した。

なお、KTA様は現在Memsourceのエンタープライズ版を利用されています。

こちらはユーザー数に制限なくご利用頂けるエディション。

各種プラットフォームとの連携も可能です。

各エディションについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ーーー ーーー ーーー ーーー

Korea Techno Agency (KTA) は、韓国ソウルに拠点を置く企業です。

翻訳以外にも特許調査・知的財産コンサルティングを実施。

お客様との信頼関係を第一に、スピーディで高品質なサービスを提供しています。

URL: http://www.ktaip.com/