ブログ

生産的な翻訳プロジェクトマネージャになるには

生産的な翻訳プロジェクトマネージャになるには

組織での翻訳を概観すると、あなたは1日の多くの時間を依頼主となるクライアントまたは社内の人間、さらにチームの翻訳者とやり取りするのに費やしているかもしれません。ファイルや情報を送信するためだけに、驚くほどの時間を割いていませんか?

あなたが翻訳プロジェクトマネージャなら、そんな状況にいるのではないでしょうか。あなたは周りの関係者に満足してもらうこと、機密情報を守ること、プロジェクトの納期を守ることに責任を負っています。

Memsourceのツールは、あなたとクライアントにとってこれらのプロセスをより簡単で迅速なものにします。

クライアントポータル

このポータルサイトはクライアント専用のスペースです。クライアントはここで、翻訳コンテンツの提出、翻訳プロジェクトの進捗状況ならびに各タイプのプロジェクト基準の確認、翻訳済みコンテンツのダウンロードができます。情報がメールスレッドに埋もれることがないので、すべての情報にアクセスしやすくなります。またクライアント自身が費用や残高情報を含むあらゆるデータにアクセスできるようになります。

クライアントポータル があれば、セキュリティも強化できます。メールで添付資料や機密情報をやり取りするのは終わりにして、クライアントのコンテンツをパスワードで保護できる専用ポータルに乗り換えましょう。

お使いのMemsourceエディションによって、作成できるクライアントポータルの数は変わります:

アルティメット・エディションとエンタープライズ・エディション:10個のクライアントポータルまたは「サブミッター・アカウント」

チームエディション2個のクライアントポータル(ゲストアカウントに変更することもできます)

How to be a Productive Translation Project Manager

クライアントポータルについてさらに詳しく知りたいですか? オンデマンドのウェビナーをご覧ください。

クライアントポータルウィジェットとオートメーションウィジェット

クライアントウィジェットという機能を使って、クライアントポータルを実行できます。これはクライアントが翻訳コンテンツを提出するためのシンプルなインターフェイスで、一連のオプションから選べます。これだけでMemsourceに翻訳プロジェクトが自動的に作成され、手動で行う作業がなくなり、便利です。

クライアントポータルウィジェットのほかには、オートメーションウィジェットがあります。このタイプのウィジェットはこれまでと異なり、独自URLを経由するかウェブサイト上で公開できます。ログインする必要がなくなりました。

How to be a Productive Translation Project Manager

プロジェクトマネージャのストレスを軽減する

クライアントポータルウィジェットとオートメーションウィジェットは、手動による作業負担を減らし、プロジェクト管理のプロセスができるだけスムーズになるようデザインされました。クライアントポータルウィジェットとオートメーションウィジェットがあると、クライアントに詳細を確認しなくても、一つの場所から必要な情報にアクセスできます。ソース言語とターゲット言語の選択、サービスのタイプ、さらに価格設定のオプション追加まで、あなたのニーズに合わせてカスタマイズできます。クライアント自身が納期を設定したり、アップロードされたファイルのサイズに合わせて、納期を自動で算出したりすることもできます。クライアントがTMの使用頻度による割引を希望している場合は、Net Rate Schemeを用いて、正味の文字数を表示するオプションも選べます。

プロセスをスピードアップする

もしあなたのクライアントが似たようなファイル形式、翻訳メモリ、用語ベースなどを定期的に扱う場合は、プロジェクトのテンプレートを作成してウィジェトを拡張できます。ウィジェットの「送信」ボタンを押すと、プロジェクトが作成されるだけでなく、プロジェクト用のテンプレートで選んだ通りの全オプションが設定されます。それによって、プロジェクト管理の初期設定にかかる時間をゼロに短縮できます。

あなたのニーズに合わせます

クライアントポータルとオートメーションウィジェットにある多くの機能はカスタマイズできます。ウィジェットの基本設定から全関係者に送るお知らせメールの文面まで対応しています。貴社ブランドのアイデンティティーを保つために、ウィジェットの色をカスタマイズしたり、ロゴや組織の名前を入れたりすることもできます。ウィジェットはクライアントのニーズに合わせて設定できます。たとえば、オンラインリポジトリから直接コンテンツを追加するなど、翻訳コンテンツを提出するさまざまな方法を選べます。

クライアントポータルオートメーションウィジェット についての詳細はヘルプセンターをご覧ください。