ブログ

翻訳管理システムの選択

適切な翻訳管理システム(TMS)を選択することは長い困難な作業になる可能性があります。特にあなたがどのTMSも完璧に合うことがないと思うとき - しかし、ツールを他のものよりあなたの会社に適したものにするという別の見地もあります。このガイドは、優先順位付け、整理、ローカライゼーション戦略に最適なTMSオプションの理想的な選択においての手助けとなります。

翻訳管理システムの選択

ステークホルダーと役割を定義する

TMSを使用または承認する主要なステークホルダーを集めて、プロセスをさらに後退させる可能性のあるプッシュバックを減らすために最初から意思決定に参加させる。行き詰まりを防ぐための最終的な発言権を持つ1人の人物を忘れずに特定します。この人はあなたのローカライゼーション戦略に精通しているべきです - あるいはもっと良いのは、このプロジェクトがあなたのプロセスと目標に忠実であることを確実にするためによく文書化されたバージョンを持っていることです。チームが結成されたら、プロジェクトの詳細と決定を記録するための文書を作成して自分で作業を進めます。決定に疑問がある場合は、いつでも資料を参照することができます。

優先順位を付ける

TMS選択プロセスの資料に最初に追加する必要があるものの1つは、優先順位付きの機能リストです。どのようにしてそのリストにたどり着きますか?ステークホルダーに、求めるもの、需要および必需品に関する機能リストを提出させる。全員の最初のリストには、「必須」列に「求める」機能が含まれるため、このことを納得させるのではなく、論理的な順位付けシステムを実装します。提出されたすべての機能のマスターリストをまとめ、チームとして、重要性を示すために各機能に数値(重要度1〜5)を割り当てます。ステークホルダーは価値観に異議を唱える可能性があるため、このステップにはかなりの時間と検討が必要になる可能性がありますが、採用されると、このシステムによって明確で論理的な優先順位のリストが得られます。これはプロセスを通してあなたのガイドとして役立つでしょう、そしてしっかりと学習すれば、行程における悩ましい困難の多くを防ぎます。

選抜候補者名簿

単にGoogleで「最高の翻訳管理システム」と検索すると、必ずしも成功した製品ではなく、成功したマーケティング部門を持つ企業が結果にでるでしょう。Nimdziの TMS概要またはGALAの Language Technology Directoryの使用を開始して、自分のオプションと優先順位のリストを比較するのに時間をとってみてください。このプロセスの終わりまでに、あなたは候補の少しのプールを持つべきです。

RFI / RFP

選抜候補者名簿の候補者に、自己評価RFIの提出を依頼してください。要件の一覧と比較して、必須項目を満たしていないベンダーを不合格にします。残りはRFPに進みます。この段階で、隠れたコストや使用制限のある価格モデルと機能を評価します。このプロセスの終わりまでに、たった3〜5つの重要な選択肢だけが残っているようにするべきです。

デモ

ライブデモで各TMSが実際に動作しているのを見ましょう。ダミーテキスト、予想されるシナリオ、そして結果への期待をもって、これにアクセスしてください - そしてデモが製品の最前線を引き出すように設計されていることを忘れないでください。将来的に使用することがわかっている機能、および直面する事がわかっている問題について質問しましょう。その後、要件のリストを見直して、機能のランク付けを比較します。このステップでは選択肢を失格にすることはできませんが、少なくともUI、UX、カスタマーケアなどの詳細についての洞察を得ることができます。

トライアル

これはあなた自身のためのツールをテストして、すべてが本当にデモで見たのと同じくらい簡単であるかどうか調べる機会です。ローカライゼーションプロセス全体をテストし、TMSベンダーの手助けを求めることを厭わないでください。コネクタ、翻訳メモリのインポート、サポートされているファイルの種類、QAプロセスなどを確認してください。さて実験の時です。使う事になると思われる全て、どんなこともテストしてみましょう。あなたの試験の終わりに近づくと、リストを再び確認してください。1つか2つの選択肢が残っているはずです。

検討

翻訳管理システムを実装することから得られることはたくさんありますが、考慮しなければならない潜在的な損失もあります。この時点で、ローカライゼーションプロセスの分離部分をテストしてレバレッジロスを計算し、セグメント、サポートされているファイルの種類と言語、またはプロセス自体への変更における違いを分析します。

ROIも考慮に入れることを忘れないでください。2〜5年間の総所有コストを計算し、予想される利益を積算するためのリスク軽減および移行コストを考慮します。

決定

このプロセスの間中、自分のリストを細かく管理しているのであれば、その決定は本質的に自ずと出てくるはずです。それでもまだ決定していない場合は、テスティングを継続するためにトライアルまたは試験段階を延長することを要求し、説明のため顧客の紹介を求めてください。あなたはあなたの最終決定に自信を持っているべきであるので、追加の時間、情報、または援助を要請することを恐れないでください。