日本窓口よりメムソースお役立ち情報ブログ

導入の決め手はハードルの低さ:予想以上に使いやすくて驚いています

1976年の創業以来、特許翻訳のビジネスモデルを革新し、同分野を牽引し続けてきた知財コーポレーション様もMemsourceのお客様です。

Memsourceの導入でどのような効果があったのか、同社取締役の植田忠志様にお話を伺ってきました。

■ MEMSOURCEを導入した理由を教えてください ■

作業をお願いする翻訳者様に無料で使っていただけること、初期費用がかからず利用料金のみで使用開始できること、エディタのシンプルな操作性など、導入のハードルが低い点が決め手となり、採用しました。

■ 導入後、どのような効果がありましたか ■

予想以上にエディタが使いやすくて驚いています。翻訳支援ツールを使ったことのない翻訳者の方でも、短時間で習得できます。

また、Memsource Cloud上で翻訳者様や校正者様とファイルを共有できるので、添付メールのやり取りが大幅に減り、コーディネータの負担が軽減されています。

校正がしやすくなり、作業時間も大幅に減りましたと、校正者様からも高評価を得ています。

■ 特にお役に立っている機能を教えてください ■

エディタのフィルタ機能が便利ですね。翻訳時はもちろん、校正する際も大活躍しています。訳語の統一が容易になり、修正漏れもなくなりました。

PM向けの機能で重宝しているのが変更履歴のエクスポートです。校正時の修正内容がわかりやすく表示され、Office Wordの変更履歴よりも見やすいくらいです。HTMLデータとしてエクスポートもできるので、翻訳者様へのフィードバックにも活用しています。

*変更履歴のエクスポートは、翻訳、校正などの各ステップでの変更履歴を一覧で表示する機能です。詳しくはこちらの記事をご確認ください。


株式会社知財コーポレーション

知財コーポレーションは1976年の創立以来、特許翻訳のリーディングカンパニーとして、豊富な実績を積み重ねてきました。

翻訳だけでなく図面作成や外国出願事務など、「言語を基にした知財総合サービスプロバイダー」として、単なる言葉の置き換えに留まらない、付加価値のある翻訳サービスを提供しています。

ホームページ:http://www.chizai.jp