Memsourceについて

Memsourceは、グローバル企業の翻訳業務を効率化します。2019年にCSA Researchによって最も有望な翻訳管理システムとしてランク付けされたMemsourceは、500以上の言語、50以上のファイルタイプ、および30以上の機械翻訳エンジンをサポートしています。Memsourceユーザーは、特許を取得した最先端のAIテクノロジーを利用し、コストを削減しながら翻訳品質を向上させることができます。現在、ヨーロッパ、米国、日本のオフィスに120人以上のスタッフがおり、Uber、Supercell、Vistaprint、Zendeskなどのリーディングカンパニーを含む数千の顧客が世界中にいます。

チームメンバー

  • David Canek photo

    David Canek

    創業者 & CEO

  • Michal Kebrt photo

    Michal Kebrt

    エンジニアリング部長

  • Memsource Dalibor Frivaldsky

    Dalibor Frivaldsky

    主任テクノロジーオフィサー

  • Memsource最高製品責任者、Martin Svestka

    Martin Svestka

    最高製品責任者

  • Nolan Skowera

    Nolan Skowera

    米州セールス部門責任者

  • Timotej Sefcovic 写真

    Timotej Sefcovic

    APACセールス担当

  • Andrea Tabacchi写真

    Andrea Tabacchi

    カスタマーサクセス部門責任者

  • Mirek Kokes

    テクニカルサポートマネージャ

  • Hana Panosova 写真

    Hana Panosova

    オペレーションマネージャ

Memsource team photo

翻訳業界に革新を起こすチームメンバーを募集しています。

Memsourceで働く

これまでの道のり

2010

  • David CanekがプラハにてMemsourceを創立

2011

  • プライベートベータ版としてMemsource Cloudをリリース

2012

  • サービスを一般公開し初めての顧客を獲得

2013

  • 事業の黒字化

2014

  • 翻訳プロジェクトの40%で機械翻訳を活用

2015

  • 顧客の全要望のうち50%をMemsource APIを介して提出
  • 日本チーム設立

2016

  • 1か月の顧客アップロード語数が10億語に達する
  • 米国チーム設立

2017

  • 会社の従業員数を40名から80名に倍増
  • Memsourceの処理語数が240億語に到達

2021

MemsourceとPhraseが合併